Gitの導入

自分の研究のために研究室のスパコン(?)を使うことが多々あるが、コード自体は自分のパソコンで書いている。現在、WinSCPを用いてコードを自分のパソコンから研究室に転送しているのだが、面倒になった。

GitHubを用いれば、簡単にコードのやり取りができる上、バックアップの管理もしやすいので、導入することにした。 GitHubを使うためにはGitを導入しないことには始まらない。

ここではGitの導入について簡潔にまとめる。

WindowsへのGitのインストール

SourcetreeというGUIアプリを用いれば、Gitもインストールされる。[1]

https://www.sourcetreeapp.com/

上記URLに入り、Download for Windowsをクリックすればダウンロードできる。ダウンロード時にユーザー登録を行う。

UNIXでのGitのインストール

研究室のスパコンはUnixで動いている。yumを用いればGitをインストールすることができる。[2]

ついでに簡単な設定も行った。

References

[1]塩谷 啓、紫丈祐騎、原一成、平木聡、Web製作者のためのGitHubの教科書(インプレス, 2014)

[2]https://azuuun-memorandum.hatenablog.com/entry/2016/07/30/002742

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です